首都大からの留学について

渡航中の安全と危機管理について

首都大学東京では、留学・海外渡航する学生のために、「首都大生のための海外留学安全ハンドブック」を作成しています。
渡航前に必ず本ハンドブックを熟読し、海外でのリスクについて事前に知り、十分に準備するようにしてください。

「首都大生のための海外留学安全ハンドブック」

「危機」とは、みなさんの海外留学中に起こる、みなさんの命、財産、健康や尊厳を脅かすような事態を指します。危機には、自身の注意深い行動によって避けることができるものと避けられないものがあります。また、たとえ起きてしまっても、適切な行動によって被害や損害を最小限に食い止めることができるものもあります。

最近のニュースで見聞きするように、海外では暴動や内乱、テロをはじめ、地震、台風、伝染病や交通事故、通り魔などさまざまな事件や災害等が多発し、日本人が巻き込まれるケースが増えています。日本のグローバル化に伴い、留学や研修等で海外に渡航する件数が増えるにつれて、渡航先で安全に生活するための危機管理の重要性も高まっています。

渡航先での安全の確保は、渡航者自身による状況確認・判断力、情報収集力などの危機管理能力に左右されます。渡航後、常にその国や地域等の情報を得ることも重要ですが、渡航前に事前に渡航先国等を調査し、出発前オリエンテーションや「留学準備講座」に参加することで、危機管理の重要性を認識し、安全管理や危機管理能力を高めることができます。

危機を避けるために周到な事前準備に基づいて注意深く行動し、万一危機が起きてしまったときには適切な行動ができるように備える、それが「危機管理」なのです。

(「首都大生のための海外留学安全ハンドブック「はじめに」より抜粋」