首都大への留学について

宿舎

新規に来日する国費外国人留学生に対しては、来日当初の宿舎を、国際課から紹介しています。

1.国際学生宿舎

新規に来日する国費外国人留学生は、空室がある場合、国際学生宿舎に5ヶ月間に滞在することが可能です。
国際学生宿舎は、交換留学生の入居を優先するため、国費外国人留学生は必ず入居ができるとは限りません。宿泊費等については、こちらをご覧ください。

2.国際交流会館

南大沢キャンパス内にあります。
新規に来日する国費外国人留学生は、空室がある場合、国際交流会館に1ヶ月間に滞在することが可能です。宿泊費等については、こちらをご覧ください。

3.留学生住宅総合補償について

日本で民間の住宅を契約する際に、不動産会社から連帯保証人をたてることを要求される場合があります。国費外国人留学生は留学生住宅総合補償の制度を利用して、大学が連帯保証人となることが可能です(国費外国人留学生は研究生も利用可能です)。 留学生住宅総合補償の詳細は、こちらをご覧ください。