首都大への留学について

入国まで

1. 受入れ許可(留学開始約2ヶ月前)

国際課から交換留学生へ受入れ許可書を発送します。

2. ビザ取得の流れ

(1)「在留資格認定証明書(Certificate of Eligibility for a Status of Residence/COE)」代理申請
ビザを取得するためには、法務省入国管理局より「在留資格認定証明書」が交付される必要があります。首都大学東京では、交換留学生向けに「在留資格認定証明書」交付申請を代理で行っています。
(2)「COE(在留資格認定証明書)」交付後の手続き
「COE」は、首都大学東京が代理申請をおこなって交付された場合、「受入れ許可書」とともに首都大学東京が在籍大学の担当者へ送付します。その後、交換留学生は、以下の書類を持って、居住する国・地域を管轄する日本国大使館・総領事館等に在留資格『留学』のビザを申請してください。

a.
「在留資格認定証明書」(COE)
b.
「受入れ許可書」
c.
 パスポート
d.
 その他必要なもの*

*居住する国・地域によって異なります。準備に時間がかかる書類もありますので、「COE」が手元に届く前に管轄する日本大使館・総領事館等に問い合わせてください。

3. 航空券手配

航空券の手配は、各自で行ってください。往復航空券を購入する場合は、復路の航空券が変更可能なものにすることを推奨します。試験期間終了前に帰国することにならないよう、十分に注意してください。

4. その他

国民健康保険は市役所での手続き後、宿舎に入居した日から適用されます。それまでの事故等に備えた海外渡航保険は、ご自身で手配してください。