国際センターについて

共同研究指導プログラム

本プログラムは、本学大学院と外国の大学の大学院との国際連携関係に基づき、所属する大学院生に対して、共同で研究指導及び学位論文審査を行うプログラムです。

プログラムの準備から修了まで(例)
(1)相手先大学院との調整
  本プログラムの実施について相手先大学院と協議する。
(2)相手先大学院との協定締結
  本プログラムに係る学生交換協定を締結する。
(3)派遣学生(受入学生)候補者の選定
  本学指導教員又は相手先大学院指導教員により、候補者を選定する。
(4)研究指導計画の作成
  本学指導教員及び相手先大学院指導教員により、研究指導計画を作成する。
(5)派遣学生(受入学生)の決定
  派遣学生(受入学生)について、所属部局教授会等の議を経て、学長が決定する。
(6)プログラム開始
  本学指導教員及び相手先大学院指導教員により、研究指導を行う。
(7)学位論文審査
  本学指導教員及び相手先大学院指導教員により、学位論文審査を行う。
(8)学位記(証明書)授与
  所属部局教授会等の議を経て、派遣学生に対しては学位記を、受入学生に対しては証明書(Certificate)を授与する。